「復活」(2017年4月16日礼拝説教)

イザヤ書12:1~6 
マタイによる福音書28章1~10節
「復活」

「ボケルトーブ」おはよう、復活のイエス様の最初の言葉です。
 イエス・キリストは死を打ち破り復活されました。
 死んだのに、蘇られた。なんと、不思議なことでしょう。
 イエス様は弟子たちに裏切られ、ひとり、十字架に引き渡され、その体は、確かに十字架に架けられ血を流され、死なれたのです。当時のローマの十字架刑の釘は、直径6センチという太い物であったと言われています。そんな釘を手足に打ち込まれ、主は血を流し、死なれました。多くの人々が周りにおり、主の死の証人です。イエス様の死を見届けた後、アリマタヤのヨセフという人が、申し出て、イエス様の遺体を十字架から降ろし、墓に葬りました。
 さらに追い打ちをかけるように、祭司長やファリサイ派の人々は、ローマの総督ピラトのもとに集まり、「人を惑わすあの者がまだ生きていた時、『自分は三日後に復活する』と言っていたのを、わたしたちは思い出しました。ですから三日目まで墓を見張るように命令してください」と言って、イエス様のお墓は大きな石で封印をされ、そこに番兵を置いて、墓から出て来ないように見張らせたのです。

 しかし、神の力は、人間の思惑を遥かに超えています。人間の番兵や、人間が封印した石など、神の力の前に全く役には立ちませんでした。

 イエス様が十字架に架けられたのは十字架は金曜日の朝9時。そして、午後3時に、イエス様は息を引き取られたと聖書は語っています。
 翌日土曜日はユダヤ教の安息日。この日は、ユダヤの人は働くことを禁止されており、また歩くことが出来る距離も決められています。その日が終わった、週のはじめの日―日曜日の明け方、マグダラのマリアともう一人のマリアという名の女性ふたりが、イエス様のお墓を見に行きました。暗がりの中、ふたりのマリアはイエス様の遺体の手入れをする香油を手に、墓へ急いだのです。きっと番兵に頼み込んで、お墓に入れて貰い、イエス様の亡骸にもう一度触れて、油を塗って差し上げたい、もう一度、そのお姿を見たい、触れたい、その一心だったのでしょう。
 ふたりが墓に着いた、その時、大きな地震が起こりました。墓の前には番兵が居て、イエス様の墓の番をしていました。するとそこに、天使が天から降ってきました。そして、お墓をふさいであった石をいとも簡単に転がして、その上に座ったのです。その姿は、稲妻のように輝き、衣は雪のように白かったとあります。まだ薄暗い明け方、天使の輝きと白さは、闇の中でどれだけ眩かったことでしょうか。
 番兵たちは、あまりの恐ろしさに震え上がり、「死人のようにな」ってしまいました。おそらく、恐怖のあまりその場で気絶してしまったのでしょう。

 そこで、天使たちは婦人たちに声を掛けました。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ」と。さらに「それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目に掛かれる』」と。
 婦人たちは、恐れながらも喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちにイエス様の復活を知らせるために走って行きました。
すると、走って行ったそこに、蘇られたイエス様が立っておられました。そして言われたのです。「おはよう」と。

「おはよう」ヘブライ語でボケルトーブ。誰もが日常交わす言葉。イスラエルでは、朝会う人毎に「ボルケトーブ」おはよう、もしくは「シャローム」神の平和がありますようにと声を掛けあいます。それと全く変わらない、イエス様がいつも使っておられたそのままの言葉で、復活の主は婦人たちに語りかけられたのです。
 もう死んでしまった、もう会えないと思っていた大切な人が、目の前に顕れて、いつもと同じ声、いつもと同じ言葉で「おはよう」と言われたら、どれほど嬉しいことでしょう。ふたりのマリアは、近寄り、イエス様の足を抱き、その場でひれ伏しました。イエス様のそのお姿は幻ではなかたのです。抱きつくことの出来る足が、確かにあったのです。

 それにしても、「ボケルトーブ」おはよう!明るい、まったく明るい、復活の主のお姿です。そこには、ためらいも、怒りも何もない。そして、言われました。
「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる」と。
イエス様は、ご自身を裏切り、逃げて行った弟子たちのことを、「わたしの兄弟たち」と呼ばれ、「そこでわたしに会うことになる」と言われました。
 弟子たちは、イエス様を裏切り、蜘蛛の子を散らすように、十字架のもとから逃げて行きましたが、イエス様には、そのことに対する怒りなどまったくないようなのです。私たち人間は、人に裏切られたりしたならば、必ず根に持ち、裏切った相手を励まそうなどとはしない筈です。心にくすぶるものを持ち、攻撃的にならずとも、相手の思惑も考えてその人と距離を置いたりすることでしょう。しかし、イエス様は、ふたりのマリアに、裏切った弟子たちに対し「ガリラヤへ行きなさい。そこでわたしに会うことになる」と、まったく屈託なく、再会の約束の伝言を、彼女たちに頼んだのです。

 十字架で死なれた主、すべての人の罪を十字架に於いて滅ぼされ、死を超えて復活された主は、イエス様を否定し、逃げてしまった弟子たちを、その弱さをも、すっかり赦しておられたのです。

 いえ、主はご自身の心で赦されたというよりも、弟子たちの罪は主の十字架によって既に取り去られていたのです。
私たちにとっては罪を赦すということは、「受けた損害を我慢し、刑罰を手控える」という、人間の感情的な面での、ちょっと苦々しい思いを抱えての赦しを思い浮かべますが、聖書において「罪を赦す」というのは、「罪を取り去る」ことを意味いたします。と申しますのも、「赦す」と訳されている旧約聖書ヘブライ語のもともとの意味は「持ち上げて取り去る」ということを意味する言葉であるからです。主は「私はあなた方を赦してやろう」と温情をしめしたのではありません。主の十字架は、弟子たちの罪を、持ち上げて、取り去られたのです。罪は罪として、取り去られ、最早無きものとされていたのです。
 弟子たちは、イエス様の十字架のあと、苦しみました。ペトロは三度イエス様のことを知らないと、イエス様を裏切って逃げましたが、その後、大泣きに泣きました。自分の弱さを悔いて悔いて、涙を流したのです。

 ここで私たちがひとつ誤解をしてはならないことは、どんなことをしても、神様の御前にただ「いいよいいよ」と、なしくずしに赦されるわけではないということです。確かに神は赦してくださる愛のお方です。でも、罪は罪として裁かれなければならない、これが聖書の考え方です。でも、このことを「怖い」と思わないでください。聖書は、裁きでは終わらない、罪の赦しを語るのです。

「罪」というのは、神様に背く、すべての人間の持つ悪い性質です。神様は人間の神様への背き、罪を悲しまれました。そして、何とかして、人間の罪を取り除く方法を、神様は、人間に「律法」という掟を通してお与えになりました。それは、罪に対して、赦していただくために、その代わりのものを差し出す―代価を払うということです。
 一番簡単な、罪を赦していただくための代価というのは、自分の財産を代わりに「お金を払う」ということとなりましょう。しかし、人間の罪はあまりにも重く、罪を赦していただくために必要な財産はいくらあっても足りないほどです。また、人間の世界で使うお金など、神様にとっては使い道のない、全く意味のないものです。そして旧約聖書の律法に当てはめますと、人間がその罪を赦していただくためには、自分の命を罪の代償として払うということになります。つまり、死ぬしかないということです。
そして、人間の命の代わりに、罪の代価として、旧約聖書の時代、私たち人間の罪の身代わりとして、私たちの罪をその身に担い、命を捨てたのは、旧約聖書の時代に於いては数知れぬ牛や羊などの動物たちでした。
 でも、神様は、ある時、もう動物の犠牲はいらない、と言われました。
 しかし、無くならない人間の罪。滅ぼされなければならない人間の罪。
 そこで神様が何をなさったか。
 神様の愛するひとり子イエス様を、地上にお遣わしになり、神の御子イエス様にすべての人間の罪と、神の裁きを全部背負わせて、十字架の上で、神の御子の命もろともに、滅ぼし尽くし、すべての人間の罪に対する代価とする、という方法を取られたのです。
 そして、神の御子イエス・キリストを信じて、イエス様の十字架の御前に自分の罪の悔い改めをする者に、罪の赦しと、罪を取り消しにされた者として新しく生きる道、永遠の命に至る道を拓かれたのです。

 イエス様の十字架の死の苦しみは、私、私たちの受けるべき苦しみを、私たちに代わって、受けて下さった苦しみでありました。
 イエス様は、私たちすべての人間の罪の身代わりとして十字架に架けられ、太い釘を手と足に打たれ、傷みと苦しみのきわみのうちに、身体の血を流し、死なれました。そして、その苦しみを超えて、復活されました。人間の罪の赦しの道を拓かれました。そして、人間にも、死を超えた命を、永遠に神と共に生きる、永遠の命を与える道を拓かれました。

 復活されたイエス様は、裏切った弟子たちに、「ガリラヤで会おう」と言われました。裏切ったけれど、自分の弱さを、罪を悔いて涙を流したでしたちの罪は、既に取り去られていました。全ての人の罪をその身に担い、十字架で死なれたイエスさまは、ご自身を裏切り逃げた弟子たちの負うべき罪も、すでにすべて負われ、弟子たちの罪はイエス様の十字架と共に滅ぼし尽くされ、取り去られ、既に神の御前には弟子たちの罪は無くなっていたのです。
 そして復活された主の言葉は、十字架の苦しみを引きずるようなものではなく、「おはよう」という、いつもの、「よい一日を」という、明るい、新しく始まる、新しくされた日の祝福を願う言葉でありました。
 
 イエス・キリストの十字架と復活は、神の人間を救うために御子を献げられたという命を捨てるほどの愛、そしてさらに神の愛を通しての、神と人間との和解と赦しがあります。
 主イエス・キリストの十字架と復活をとおして、私たち人間は、自分の罪を、イエス様の十字架の御前で告白し、ごめんなさいと悔い改めるだけで、罪を赦され、イエス様が復活されたように、新しくされた者として、生きる道が拓かれました。

 私たちは主イエス・キリストによって赦された者たちです。
 しかしもし、私たちの対人関係の中に、裏切られた悲しみや、こんがらがってしまった人間関係が、私たちのうちに残っているとしたら、それらを自分の心の中に握り締めるのをやめましょう。そして、十字架の主の御許に降ろしましょう。主は私たちを既に赦してくださったのですから。私たちも、握りしめている怒りのような思いを、イエス様の十字架の御許に手放し降ろすべきです。
 主の十字架の下に、私たちの重荷を降ろしたとき、私たちの心は、私たち自身は傷みから解放され、私たち自身が癒されます。主がそれを担い、新たに取り扱って下さるからです。十字架のもとで、私たちの苦しみは新しい復活の命に変えられ、私たちの心の傷みも苦しみも、神の御心として新しい意味を持って、受け取ることができるのです。
 十字架の御許に、私たちの重荷を降ろしたとき、復活の主の新しい命が、私たちのうちで輝きを放たれることを知ることでしょう。

 主に贖い取られた者として、主と共にある新しい命を歩ませていただきましょう。
「おはよう」と新しい夜明けの挨拶をされた主は、私たちを新しい命へと招いておられます。

カテゴリー: 過去の説教