牧師紹介

小林 久実(こばやし くみ)

kumi_photo

愛媛県松山市生まれ。20代の頃は演劇の道を志し、劇団四季などで主にミュージカルを中心に舞台に立つ。26歳の時、日本基督教団頌栄教会(世田谷区)で洗礼を受ける。30歳頃、出版社に勤めはじめ、書籍の編集者に転身。会社員として過ごす中、献身の志が与えられ、昼は働きつつ、夜間の日本基督教団認可神学校である日本聖書神学校で学ぶ。2011年春、卒業と同時に出版社を退職し、日本基督教団目白教会伝道師となる。2013年12月按手礼を受け、日本基督教団正教師となると同時に日本基督教団土気あすみが丘教会牧師となる。
「主は人の一歩一歩を定め、御旨にかなう道を備えてくださる。人は倒れても、打ち捨てられるのではない。主がその手をとらえていてくださる」(詩編37編23~24節)